登場するシーンは様々!コンタクトレンズの使い方

目が悪くなってきたら

普段からテレビを見たりパソコンを使う時間が多かったり、本や勉強に集中している生活を続けていくと、いつの間にか視力が落ちていきますよね。個人差があって、同じような生活をしていても視力が落ちないという人もいれば、子供の頃から視力が悪かったという人もいますよね。コンタクトレンズは視力矯正のために使われています。度数は0.25もしくは0.5刻みで大きくなっていき、最大-10まであるので様々な人の視力に対応できますよ。

ファッション性を高めるために

メガネを掛けていると野暮ったく見えるから、という理由でコンタクトレンズを使う人が多いでしょう。最近では、透明なコンタクトレンズだけでなく、コンタクトレンズに着色されたカラコンを使っている人が増えていますよね。特に若い女性の間では、マストアイテムとされていて、装着するだけで瞳の大きさが一回り大きくなるのが人気の理由なんですよ。レンズによっては、ワンデー使い捨てのもの、きちんとお手入れすれば半年から1年は使える長期タイプがあるんですよ。

スポーツを楽しむために

学校の体育や趣味のスポーツのタイミングで、視力の悪い人がメガネをかけたままでいると、人とぶつかった時やボールが顔に当たった時にメガネが破損したり曲がったりする危険性が高まるでしょう。学校からも、マット運動やボールを使った競技をするときには、生徒にコンタクトレンズの使用を推奨していますよね。そのため、普段はメガネで生活しているが、スポーツをするときだけコンタクトレンズを使うというケースがあるんですよね。

コンタクトの度数は同一の物でも製造メーカーによって表記方法が異なるので、購入の際は必ず詳細を確認するように心がけます。