わが子がガンに!?不安や心配から一歩踏み出す病院の探し方

インターネットでの探し方

突然、わが子がガンと診断されたなんで私の子が!?どうすればいいの!?不安や心配で夜も眠れないですよね。まずは、落ち着くことが大事です。まずはインターネットを使って調べる方法が簡単でしょう。キーワードは「小児がん拠点病院」がおすすめ!国が指定しており、小児がんの医療や支援について地域の中心施設を担っていて、質も高い水準を保っています。住んでいる場所からどの病院が近くにあるのか一度調べてみるのもいいかも。

病院のことは病院関係者に聞くと一番かも!?

この病院は設備がしっかりあるから大丈夫かな?あとは先生とかだけどどうなのかしら子どものためにできる限りのことはしたいですよね。あの先生は腕がよくって、この病院はここが良い実は病院で働いている方って意外とほかの病院にも詳しかったり。もしも、友人などに関係者がいたら聞いてみるのもひとつの手、相談室などが設置されている病院があればソーシャルワーカーさんに思い切って相談しにいくのもいいかもしれません。

子どもも大事!だけど自分も大事に!病院のポイント

いろいろ聞いてみて、調べてみて複数病院が候補に挙がってきた、どこにすればいいか悩む場面。そこで、ひとつポイント!自分の相談ができる場所が病院に設置されているか確認してみて!子どもは一生懸命頑張っているけど時にこころが弱くなって、親に当たることもあるかもそんなときに自分が相談できる場所が大事!病院内に相談支援センターが設置されているところや、家族会を作っているところもあります。子どもと親が一緒に頑張れる環境を選んでみてください。

がんが転移した場合、体内で複数箇所に纏まったがん細胞が存在するという事になります。肉体的負荷等を勘案した場合に摘出困難というケースも多く、進行の抑制・症状の緩和を主体とした医療を行う事になります。根治という観点では転移防止が鍵であり、現代医学では原発部位から転移し易い箇所も把握出来るようになっている為に、積極的な観察やケアが行われるようになっています。